JLPT N2 読解 5/23

googleとか※スマフォとか※使いこなせない人に、例えば※うろおぼえの知識を伝える時にある程度きちんとした答えを※スマフォで※ググって提示してあげると反発をされることは多いですね。それも割と感情的に。自分たちもやればいいのにね。簡単なのに、やらないのはどうしてなんだろう?ネットに依存しすぎとか、もしネットが無くなったらどうするの?とか、※終いには記憶力が低下するとか言われるんだよね。でも現代に必要なスキルって記憶力じゃないよね。検索力だよね。Q1自動車全盛の時代に足が速くてもあんまり意味がないのと同じ。

「人と人の付き合いなら、知ってることは即座に教えてやれよって思いますけどね」って意見もありましたけど、Q2これ大変。私なんかは何でも知ってると思われてるからいつも質問攻め。たまに「ググれ※カス」って言わないと私が人間※検索エンジンみたいになってしまう。気持ちに余裕がある時はいいけど、余裕無い時とか眠い時とかに聞かれると、ムッとしてしまうこともあります。

 レストランへの住所とか、飛行機の時間とか、調べれば出てくることをいちいち電話で聞いている人も時代遅れだなあーって思います。調べたらわかることは自分で調べるほうが自分にスキルがつきますし、人との会話はもっと建設的な議論とかに使えばもっと楽しい世の中になると思うんですよね。

スマフォ:スマートフォン(smart phone)の略語
使いこなす:十分自分の思うまま使えるようになる
うろおぼえ:はっきり覚えていないこと
ググる:検索する
終(しまい)いには:最終的には、結果として
カス:ごみ
検索エンジン:googleのように情報を検索できる機能

Q1の意味は?
1.自動車に乗れば歩くことより早い
2.知識の量より情報を探す能力が重要
3.ネットの重要性
4.記憶力が落ちるのを防ぐこと

Q2の理由は?
1.聞くたびにムっとなるため
2.人との付き合いが面倒であるため
3.自分が答えるための機械になった気分になるため
4.自分がカスのようになってしまうため


Q3 筆者がもっとも言いたいのは?
1.建設的な議論を通し、楽しい世の中にしよう
2.情報検索能力を養おう
3.人の情に引かれすぐにこたえることはよくない
4.何かを調べるときはできるだけ自分でしらべること
트위터 페이스북