JLPT N2 #6/23 読解

大人になると、この世界とはこういうもので、自分の人生も、その中にある人生を生きることだ、と言い聞かされることになりがちだ。壁を叩くようなことはしすぎるな。良い家庭をもって、楽しみ、少しばかりの金を貯めよう。そういうのは、とても制約された人生だ。 たったひとつ、単純な事実に気づけば、人生の可能性はグンっと広がる。それは、自分を取り囲んでいるすべてのもの、人生と呼んでいるものが、自分より賢いわけではない人々が作り出しているということだ。周りの状況は自分で変えられるし、自分が周りに影響を与えることもできるし、自分のものを自分で作ることも、他の人々にもそれを使ってもらうこともできるのだ。

グンっと:今まで例のないくらい,大いに。非常に

Q1制約された人生だに近い意味を持つものは?
1.自分の意思で壁を叩けないこと 2.必ず決められた人生を与えられること
3.画一的な人生を進められること
4.人生が広がること

人生だと思っていたことも、つついてみることができ、自分が何かを押し込むことで、反対側で何かが突き出たりするのだと悟り、人生は変えることができると理解すれば、自分で人生を造形していくことができる。それこそが、おそらく何よりも大切なことなのだ。それこそが、人生はそこにあり、自分はその中で生きるしかないという誤った考えを揺さぶって振り払い、人生を抱きしめ、変化させ、改善し、自分自身の痕跡を刻み込むということなのだ。私はこれはとても大切なことだと思うし、どのようにそれを学んだかに関わらず、それを学んだ者は、この色々な意味で厄介なことがらを抱え込んだこの人生を変化させ、より良いものにしようと望むことになるのだと思っている。それまでのままではいられないのだ。

つつく:何度も軽く突くこと おそらく:きっと、たぶんという意味。
揺さぶる:強く動くようにする

Q2それに最も近い

1.自分自身の痕跡を刻み込む
2.人生は造形されるもの
3.自分で人生を変えられること
4.人生をつつくことができること

Q3それに最も近いのは

1.自由な環境
2.大切なものがある環境
3.厄介な事柄を抱えた環境
4.社会が求めている環境
트위터 페이스북
しず 学生 -  メッセージ
今度の授業映像はいつ掲載されますか。